平成18年8月22日

グループ生産工場がISO14001を認証取得しました
伊藤ハム食品小矢部工場が「ISO14001」認証取得
 伊藤ハム食品株式会社(本社:兵庫県西宮市高畑町、社長:浅田隆)は、小矢部工場において、8月16日に、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得しました。食品の衛生管理であるHACCPの認証に続く取得となります。伊藤ハム食品株式会社は「食品の安全」「品質の向上」に加え、「環境問題への対応」を経営のパラダイムとして、環境理念・方針・目標を定めた環境基本方針を制定し、全社的な環境管理活動を展開しています。

 小矢部工場(住所:富山県小矢部市名畑、工場長:山本發生)は、昭和51年4月より操業し、伊藤ハムグループにおける北陸地区のハム・ソーセージの生産拠点となっています。小矢部工場では、環境問題への取り組みは企業の社会的責任と認識し、環境負荷の低減に努めており、緑と水の自然環境豊かな地域社会との共生を目指し、「環境にやさしい工場づくり」をスローガンに、工場長以下全従業員が環境マネジメントシステムを構築し、目標達成に向けて積極的に環境活動を展開してきました。

 環境活動のテーマとして、「エネルギーの削減」「用水の削減」「廃棄物の削減」を目標に掲げ、活動に取り組んできました。その中でも特に「エネルギーの削減」については、作業工程及び冷凍庫の運用方法を見直した結果、電気の使用量を2005年度比で約7%削減することができています。
 今後も、省エネタイプ機器の導入等の施策を積極的に進め、「エネルギーの削減」により一層取り組んでいきます。

 伊藤ハム食品株式会社の小矢部工場がISO14001を認証取得したことで、伊藤ハムグループの生産工場での認証取得は、合計で9ヵ所目となりました。当社グループでは、今後もISO14001の認証取得に向けて取り組みを進めていきます。


(本件に関するお問い合わせ先)
広報室
松崎、原
Tel.0798-66-1231
Fax.0798-67-8672


【閉じる】


All Rights Reserved, Copyright (c) ITOHAM FOODS Inc. 1997-2006