平成16年7月9日

クセになるウマ辛さ!
「赤と黒あらびきポークウインナー」新発売

 伊藤ハム株式会社(本社:兵庫県西宮市、社長:伊藤正視)は、「赤の辛さ」と「黒の辛さ」が入った「赤と黒あらびきポークウインナー」を、7月15日より全国で新発売します。赤唐辛子ハバネロによる野性的でホットな「赤の辛さ」と、焙煎黒コショウによる上品でさわやかな「黒の辛さ」の2つの辛さが組み合わさって、ただ辛いだけでなくクセになるウマ辛いポークウインナーです。

 このところ、黒豆や黒酢など「黒」の食材が健康志向の高まりもあって注目を集めていますが、最近、赤唐辛子はもちろん、赤米や赤ホウレンソウなどの「赤」の食材も注目されてきています。「赤と黒あらびきポークウインナー」は、今注目の「黒」の食材と「赤」の食材を組み合わせたポークウインナーです。赤唐辛子の辛み成分であるカプサイシン類には、胃の粘膜を刺激して食欲増進作用があることは知られていますが、黒コショウの辛み成分であるピペリン類にも同様の作用があるといわれています。「赤と黒あらびきポークウインナー」は、食欲が落ちるこれからの季節にピッタリのウインナーです。

【商品の特徴】
世界一辛く香りが良いといわれる赤唐辛子「ハバネロ」と、刺激性がある黒コショウをローストすることでさらに辛みと香りを深めた「焙煎黒コショウ」で味付けした、JAS特級規格のあらびきポークウインナーです。
赤唐辛子の辛み成分であるカプサイシン類と、コショウの辛み成分であるピペリン類の2つの辛さがあらびきポークのうま味とマッチして、ただ辛いだけでなくクセになるぐらいおいしい「ウマ辛さ」です。
赤唐辛子の赤色と焙煎黒コショウの黒色をパッケージデザイン全体に使用し、見た目にもウインナーの既成概念を打ち破る、刺激たっぷりのデザインに仕上げています。
【商品名】 「赤と黒あらびきポークウインナー」
【内容量】 100g
【希望小売価格】 210円(税別)
【発売時期】 平成16年7月15日
【販売地区】 全 国
【販売目標】 2億円(売価ベース/年間)

【閉じる】


All Rights Reserved, Copyright (c) ITOHAM FOODS Inc. 1997-2004