平成16年5月10日


 伊藤ハム株式会社(本社:兵庫県西宮市、社長:伊藤正視)は、5月20日より、「自分の体の用心棒」をコンセプトに開発した、ビーフジャーキー「用心棒」シリーズ3品を新発売します。

 ビーフジャーキーは、おつまみとして広く親しまれています。かみごたえのある食品であるため、しっかりかんで食べることになり、そしゃく力を高めることができます。加えて、かむということが脳の神経細胞を刺激し、脳の活動を活性化するという効果も期待できます。

 ビーフジャーキーの本場米国では、ここ4年で売上金額が約3倍になるほど、市場が急速に拡大しています。これは、米国でもダイエットを考える人が増え、ポテトチップスなどの代わりにヘルシーなスナックとして、ビーフジャーキーが求められているからだと言われています。

【商品特徴】
(1) オーストラリアとニュージーランド産の牛肉を、肉本来の風味を生かしながら味付けしました。
(2) かめばかむほど牛肉のうま味を感じることができ、癖になる味付けです。
(3) 楽しく手軽に食べられる「ナゲット」、かみごたえ十分な「厚切り」、食べやすく軟らかな「ちぎり」の3つの形状を開発しました。
(4) おつまみ売り場で引きたつ斬新なパッケージデザインを採用しました。
【商品名】 「用心棒 忍(しのび) ナゲットビーフジャーキー」
「用心棒 侍(さむらい) 厚切りビーフジャーキー」
「用心棒 剣(つるぎ) ちぎりビーフジャーキー」
【内容量】 各55g
【希望小売価格】 各420円(税別)
【発売時期】 2004年5月20日
【販売地区】 全 国
【販売目標】 5億円(シリーズ3品計:小売ベース/年間)

【閉じる】


All Rights Reserved, Copyright (c) ITOHAM FOODS Inc. 1997-2004